×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薬局薬剤師の転職にオススメの情報をご提供

薬局の薬剤師で転職するなら

転職をお考えの薬剤師さんへ!

薬剤師で、転職/就職をお考えの方へ。

 

厚生労働省の報告によると、2027年には薬剤師は40万人となるが、需要は29万人としており、11万人が余剰となるとの試算が出ています。

 

そのため、今後時間が経過するにしたがって、薬剤師は転職をする事が難しくなっていくのです。

 

貴方が少しでも良い条件の職場に付きたいのであれば、すぐにでも取り掛かる事をオススメします。

 

これからご紹介するサイトならプロの転職コンサルタントが貴方の希望の求人を紹介してくれるので、オススメです。

 

薬剤師で転職の方には希望を持ってもらえると思います。

 

マイナビ

マイナビといえば、2年連続で転職サイトランキング総合1位に輝く「マイナビ転職」等、多数の人材サービスを提供しているマイナビが運営する、安心のサービスで、転職希望者の年間利用者数は200万人以上にものぼります。

 

その中で、「マイナビ薬剤師」は薬剤師専門に特化したサービスを提供してくれます。

 

調剤薬局やドラッグストア等、現場の薬剤師から職場の状況をヒアリングしているため、情報の精度が高いです。

 

その他サポートも、面接の日程調整や同行、条件交渉等しっかり対応してくれるので、利用者の満足度は業界トップクラスの94.6%という非常に満足度の高い数値です。

薬剤師とは、一口に言うと薬の専門家で、一般の人たちが安全で、かつ、有効に薬を使うことが出来るように、薬剤師法という法律に従い薬を扱う専門家のことです。

 

病院などで、医師からの処方箋に基づいて薬を調製する「調剤」、また、調剤後の薬を患者さんが、正しく服薬出来るように説明を行う「服薬指導」、病院や薬局等で医薬品を買ったり、在庫・品質管理をする「医薬品管理」等が、薬剤師の主な仕事となっています。

 

「薬剤師」というと、一般的には薬局に勤務している剤師を連想される方が多いようですが、実は薬剤師の仕事はそれだけではないのです。

 

例えば、製薬会社では薬の研究や開発、開発された薬を販売する。

 

その流れの中では、様々な細かい分野に分類され、それぞれの過程で薬剤師が関わっているのです。

 

水質・大気の汚染監視等の環境衛生管理、食品衛生管理、また、麻薬や覚せい剤等の取締りにも、薬剤師の仕事があるのです。

 

また、学校の給食や、設備等の衛生管理、化学メーカーや、化粧品会社等でも薬剤師の資格を生かした仕事が要求されます。

 

このように薬剤師の仕事は多岐にわたり、様々な場面で薬剤師の活躍があるのです。

 

薬剤師を目指すのであれば、薬剤師の仕事をご覧下さい。

 

きっと薬剤師を目指すにあたって有益な情報が記載されています。

続きを読む≫ 2013/10/01 07:56:01

ホーム RSS購読 サイトマップ